骨にできる悪性腫瘍|逆流性食道炎から体を守るには|現代病の代表格

逆流性食道炎から体を守るには|現代病の代表格

病院

骨にできる悪性腫瘍

医者

どんな症状なのか

骨肉腫というのは、骨に悪性腫瘍ができる病気です。日本では年間に約200人が発症していると言われています。年代的にも10〜20代の若い人に発症することが多い悪性腫瘍です。骨肉腫の半数は大腿骨や膝周辺の骨に発生することが多いといわれています。初期の症状として、スポーツ中や運動した後に少し痛みが出てきますが、スポーツを頻繁にする年代のために放っておいてしまうことが多いのが現状です。骨肉腫が大きくなってくると、激しい痛みや腫れなどの症状がでてきます。また周囲の骨が弱くなって、骨折してしまう場合もあります。骨肉腫がここまで進行していると、肺やリンパ節などに転移している可能性が高くなり、検査をすることが必要です。

治療法

骨肉腫になった場合、かかるのが若い世代ということもあり、主な症状の痛みが、どこからの痛みなのか判断するのが難しい傾向にあります。少し痛いくらいは大丈夫と思わずに、病院で受診することが早期発見のためには重要です。また、骨肉腫に見える症状でも、実は別のがんが骨に転移している場合があります。骨肉腫と他のがんの治療法が違うことにより、どこのがんなのかを確実に診断することが大切です。治療として外科手術があります。現在では、医療の進歩により人工骨や人工関節を使ったり、自家骨移植という自分の骨を使う方法もあり、四肢を温存できるケースが増えています。骨肉腫の予後として、昔は不治の病と言われていたのに比べると、完治が可能ながんになっています。