逆流性食道炎から体を守るには|現代病の代表格

相談

骨にできる悪性腫瘍

医者

骨に腫瘍が出来てしまう骨肉腫は、症状が進行することで段々と体全体がもろくなってしまいます。最初はちょっとした痛みに悩まされる程度ですが、悪化すると痛みも激しくなり、骨折などの危険性も高まります。そんな恐ろしい病気ではありますが、現在では治療することも可能です。

もっと読む

信頼できる医師を探す

病院

梅田には多くの内科があるため、その中から信頼できる医師を見つけておくことが大切です。評判の情報を集め、どのような取り組みをしている医院なのかを見極めておいた方が良いでしょう。

もっと読む

食道を胃酸から守る

看護師

胃酸に弱い食道粘膜

ドラッグストアや薬局で売られている薬の中でも、頭痛薬と並んでよく売れるのは胃腸薬です。食べ過ぎや飲み過ぎの際によく経験する胸焼けに効くことから、多くの人が胃薬を愛用しています。胸焼けというのは文字通り胸から上腹部にかけての部分に焼けるような痛みを感じる症状のことで、その原因の大半が逆流性食道炎です。食道炎は細菌の感染や刺激性の強い飲食物によっても起きますが、胃酸を含む消化物が胃から逆流することで起きる例が圧倒的に多くなっています。胃の粘膜は酸を中和する働きがあるので胃酸から保護されていますが、食道粘膜にその働きはないので胃酸に弱いのです。胃の入口には胃の内容物が食道に逆流しないように弁があって通常は閉じており、食道から食物が送り込まれるときだけ開くようになっています。脂肪やたんぱく質の多い食事で胃酸が多く分泌された場合や、加齢・肥満などが原因でこの弁が緩んでいる場合に逆流が起きるのです。食後すぐ横になることを昔から戒める風もありますが、それもこうした逆流性食道炎を防ぐ意味合いがあります。ストレスによっても逆流性食道炎が起きやすくなるため、若い人の間でも逆流性食道炎が増えています。

食道がん予防のために

逆流性食道炎自体は命に関わる病気ではないため、よほど症状が悪化しない限り病院を受診する人は多くないものです。その症状は胸焼けばかりでなく、喉にまで胃酸が逆流することで起きる呑酸という特徴的な症状も見られます。胃酸が喉を刺激することで咳が続く場合もあり、食道粘膜が炎症を起こして蠕動運動が低下すると食物がつかえるようになります。重度の逆流性食道炎を繰り返し、やがて食道粘膜が胃の上皮細胞のように変化した状態がバレッド食道です。バレッド食道は食道がんの原因とも言われていますので、がんを予防するためにも逆流性食道炎は早期に治療した方がいいでしょう。市販の胃薬には効果に限界もありますが、内科や消化器内科を受診すればもっと効果の高い薬を処方してもらえます。逆流性食道炎の処方薬には胃酸の分泌を抑える薬の他、胃酸を中和する薬や食道粘膜を保護する薬、食道の蠕動運動を助ける薬などがあります。医師が症状の進行具合を見ながら薬の種類と量を調節してくれますので、不快な胸焼けや呑酸の症状も薬だけで改善できるものです。薬で治らない重症のケースでも、最近では腹腔鏡を使った噴門形成術という外科療法で治すことができます。

化学療法で治そう

カウンセリング

大腸がんの進行度はステージで表されて、全部で5段階あります。がんがリンパ節に転移した場合は生存率が低下しますので、そうなる前に発見して対処する必要があります。また、切り取ることができない大腸がんに対しては化学療法が行われます。再発防止のためにも化学療法が採用される場合があります。

もっと読む